あなたはできてる?家づくりで後悔しないための順序 4STEP

キッチンの色で後悔…ブログ事例|木目調やカラー別メリットデメリット

キッチン木目で後悔?色選びのポイント解説アイキャッチ画像
  • URLをコピーしました!
コンハズ

キッチンの色選びで後悔してる…もっと調べて決めればよかった…

これから家を建てるあなたには後悔してほしくない!

この記事ではキッチンの色別に後悔したポイントやメリットデメリットをまとめて紹介するよ!

この記事でわかること
  • カラー選びのポイント&成功事例
  • 人気カラー別【7種】メリット・デメリット後悔ポイントをまとめました!



こんなハズじゃなかった!!
  • 巷のSNS・ブログにあふれる家づくりの後悔ポイントを調査・集計!これひとつでOKなまとめサイト
  • こんなハズじゃなかった!!な後悔ポイントを知ることで納得のマイホーム計画をお手伝いします
コンハズが解説


まだ間に合う!?後悔回避のための4つのチェック

目次

【キッチン人気カラー別】後悔ポイントやメリットデメリット

キッチンの人気カラー別後悔ポイントメリットデメリットを詳しく解説していきます。具体的なカラーやイメージがまだ固まってない方はぜひ参考にしてください。

【ホワイト系】キッチンの後悔ポイントやメリットデメリット

ホワイト・カラー別キッチンカウンターの後悔ポイント

汚れや傷が目立ちやすくて気になる…

ほとんど白にしたらシンプルすぎた!

ホワイト系キッチンのメリット

  • 清潔感と明るさがあり広く見える
  • 他のインテリアとのバランスが取りやすく何色とでも相性がいい

ホワイト系キッチンのデメリット

  • 汚れや傷が目立ちやすく日常のお手入れが必要
  • シンプルで単調な印象になる



ホワイト系を選ぶ際のポイント

  • 高品質な素材を選ぶ
    ホワイト系キッチンは汚れや傷が目立ちやすいため、高品質な素材を選ぶことが重要です。耐久性のある材料や防汚性の高い仕上げを持つ製品を選ぶことで、長期間美しさを保つことができます。
  • 日常のお手入れ
    汚れやシミが目立ちやすいため、定期的な掃除や使い方にも注意が必要。清潔な状態を保つために、マメに掃除しましょう。
  • アクセントカラーを取り入れる
    ホワイト系キッチンがシンプルな印象になりすぎる場合、アクセントカラーを取り入れることで個性を出せます。

    【例】
    カラフルな食器やキッチン用品、壁のアクセントカラーなどを取り入れる。

【ブラウン系・木目調】キッチンの後悔ポイントやメリットデメリット

木目・ブラウン・カラー別キッチンカウンターの後悔ポイント

濃い色の木目調キッチンにしたら小さな傷やキズが目立ちやすかった

ブラウン系・木目調キッチンのメリット

  • 自然な風合いと温かみがある
  • 落ち着いた雰囲気を作り出す
  • クラシックな雰囲気や高級感を与える
  • キズや汚れが目立ちにくい
  • 時代やトレンドに左右されにくい

ブラウン系・木目調キッチンのデメリット

  • インテリア全体のバランスに注意
  • 定番のデザインで飽きることも

ブラウン系・木目調を選ぶ際のポイント

  • インテリア全体の調和を意識して、他の家具や床のテイストとの組み合わせを検討する
  • キッチンのカラーが他の部屋とのつながりを考え、統一感やメリハリを意識する

【ブラック系】キッチンの後悔ポイントやメリットデメリット

ブラック・カラー別キッチンカウンターの後悔ポイント

ブラック系キッチンのメリット

  • 高級感やモダンな雰囲気が出せる
  • スタイリッシュな印象

ブラック系キッチンのデメリット

  • 汚れや指紋が目立ちやすい
  • 小さなキッチンでは圧迫感が出てしまうことも
  • 明るさや開放感が出しにくい

ブラック系キッチンを選ぶ際のポイント

  • キッチンのサイズと配置のバランスを考え、圧迫感の出にくい色合いを選ぶ
  • 窓からの採光や照明を考慮して部屋全体の明るさを確保する

以上のポイント考慮しながらブラック系キッチンを選ぶことで、洗練されたデザインや特別な雰囲気を実現できます。

【パステルカラー系】キッチンの後悔ポイントやメリットデメリット

パステル・カラー別キッチンカウンターの後悔ポイント

パステルカラー系キッチンのメリット

  • 明るく柔らかな雰囲気を作り出すことができる
  • アクセントカラーとして使用することができる

パステルカラー系キッチンのデメリット

  • 汚れや色あせが目立ちやすい
  • 可愛すぎる雰囲気は将来後悔することも

パステルカラー系キッチンを選ぶ際のポイント

  • メンテナンスが重要
    明るい色は汚れが目立ちやすいため、こまめな掃除やメンテナンスが必要です。
  • 年を取ってもその色で大丈夫?
    パステルカラーはラブリーな雰囲気になりがち。現時点での好みだけでなく、将来の自分たちをイメージして違和感のないように考えてみましょう。

【ビタミンカラー系】キッチンの後悔ポイントやメリットデメリット

ビタミンカラー・カラー別キッチンカウンターの後悔ポイント

ビタミンカラー系キッチンのメリット

  • 元気で明るい雰囲気・活気に満ちた印象に
  • 食欲を刺激し料理の楽しさが高まる
  • 個性的でオリジナリティのあるキッチンを演出できる

ビタミンカラー系キッチンのデメリット

  • 鮮やかなビタミンカラーは視覚的な刺激が強く、人によっては目が疲れるかも
  • ビタミンカラーは個性が強いため、他の要素とのバランスが難しいケースも


ビタミンカラー系キッチンを選ぶ際のポイント

  • バランスを考える
    ビタミンカラーを使用する場合、他の要素とのバランスを考慮して調和の取れたデザインを目指しましょう。
  • トーンやシェードを選ぶ
    鮮やかなビタミンカラーではなく、落ち着いたトーンや柔らかいシェードを選ぶことで、より調和の取れた雰囲気を作り出せます。
  • 色々なカラーを実際に見てイメージする
    実際に出来上がったキッチンを見て鮮やかすぎた、派手すぎたと後悔することがないように、可能であれば展示場などで実際に見て決めることをおすすめします。

【レッド系】キッチンの後悔ポイントやメリットデメリット

レッド・カラー別キッチンカウンターの後悔ポイント

レッド系キッチンのメリット

  • 情熱的な色でキッチンに活気をもたらす
  • 目を引く色でアクセントとして映える

レッド系キッチンのデメリット

  • 色の刺激が強め
  • 主張が強く他の要素とのバランスを考慮する必要がある

レッド系キッチンを選ぶ際のポイント

  • レッドのトーンを考慮する: 濃いレッドや明るいレッドなど、キッチンの雰囲気やスタイルに合わせて、適切なレッドのトーンを選びましょう。
  • 配色とのバランスを考える: レッドは目立つ色であるため、他の色とのバランスを考慮して配色を決定することが重要です。
  • レッドの使用範囲を決める: レッドを全体のキッチンカラーとして使用するか、アクセントとして使用するかを決めましょう。他の要素とのバランスが大事です。

【グレーカラー】キッチンの後悔ポイントやメリットデメリット

グレー・カラー別キッチンカウンターの後悔ポイント

グレーカラー系キッチンのメリット

  • 落ち着いた雰囲気を醸し出す
  • モダンで洗練された印象を与える
  • 他の色との相性が良く、多様なスタイルに合わせやすい

グレーカラー系キッチンのデメリット

  • 単調に見える可能性がある
  • 暗いトーンのグレーは空間が重くなることも

グレーカラー系キッチンを選ぶ際のポイント

  • グレーのトーンを選ぶ: ライトグレーやダークグレーなど、キッチンの明るさや広さ、バランスを考慮して適切なトーンを選ぶ。
  • テクスチャーや素材の選択: グレーの単調さを防ぐため、テクスチャーや素材を活用する。
    (例)木目調のカウンターやタイル調パネルなど
  • 照明との相性を考慮する: グレーカラーは光の反射を抑える傾向があるため、キッチンの照明との相性を考慮する。明るく効果的な照明を選ぶことで、グレーカラーの魅力を最大限に引き出せる。

キッチンの色選びで後悔しないためには?

コンハズ

キッチンの色選びで後悔しないためのポイントを解説していきます。

床・壁との相性を考える

キッチンの色と床・壁の色の相性を考えることで、調和の取れた統一感のある空間を作ることができます。

例えば、明るい床や壁に対しては明るい色のキッチンが相性が良く、落ち着いたトーンの床や壁には木目調やモノトーンのキッチンが調和します。

家具・家電の色と調和させる

キッチンの色と家具・家電の色を調和させることで、一体感のあるインテリアになります。

モダンなスタイルのキッチンにはシンプルでモノトーンの家具や家電が相性が良く、温かみのあるキッチンには木目調の家具や家電が調和します。

統一感のあるインテリアを意識しておしゃれな理想のキッチンを実現しましょう。

電球の色・日当たりも考慮する

キッチンの色選びには電球の色や日当たりなどの要素も見え方や雰囲気に影響を与えます。

昼間は自然光が入るキッチンでは、明るめの色を選んで明るい雰囲気を演出することができます。一方、人工光が主体のキッチンでは、暖色系の電球を使って温かみのある雰囲気を作ることができます。

お手入れのしやすさも重要

ホワイトやグレーなどの明るい色は汚れやシミが目立ちやすいため、汚れが目立ちにくい色や耐久性のある素材を選ぶことがお手入れのしやすさにつながります。

キッチンの色を選ぶ際にはお手入れのしやすさも考慮しましょう。

ショールームやサンプルをチェックする

キッチンの色を選ぶ前に、ショールームやサンプルを実際にチェックして、色の見え方や質感を確認することが重要です。

パソコンやスマートフォンの画面上で見る色と実際の色は異なる場合があります。ショールームやサンプルを見ることで、色のニュアンスや光の反射具合などを実際に確かめることができます。


キッチンの色選びは実物を確認することが重要です。ショールームやサンプルを活用して、色の見え方や質感を確かめましょう。


【きほんのき】家づくりの疑問にお答えします!

新築注文住宅の基本ポイント解説

家づくりって何から始めればいいの?

家づくりの成功の鍵は、予算決めから始まります。


家族で大まかな予算を決めたら、住宅ローンシミュレーションや、無料FP相談を利用するなど適正な金額を第三者のプロの意見を聞きながらしっかり確認しましょう。

コンハズ

どんぶり勘定で決めたり、住宅メーカーに言われるがまま借り入れ額を決めると、この先数十年後悔することになりかねません。

とりあえず住宅展示場に行けばOK?

知識なしの状態でいきなり展示場は避けましょう。まずはオンラインで資料請求がベスト。

ハウスメーカー各社から公平に資料やカタログ・間取り案の無料請求ができる家づくりの一括資料請求サイトが簡単でおすすめ。


必要事項を入力して、気になるハウスメーカーにチェックをつけるだけで複数社の資料が一括で請求できます。余計な営業や対面でのやり取りがないので効率よく建築会社を選べますよ。


なんでいきなり住宅展示場はだめなの?
→その理由は家づくりの後悔回避ポイントを4ステップで解説!から

本当にこのハウスメーカーで決めていいのか不安…

ハウスメーカーを決める前にちょっと冷静に!相見積もりは取りましたか?

絶対ここで建てたい!という強い希望があれば別ですが、複数のメーカーから同条件で相見積もりを取るのは鉄則です!同じ間取り案でもメーカーによりプランや性能は様々。数百万の違いも出てくるかもしれませんよ。


見学に行った先々で聞いた情報が脳内で溢れすぎてパンクしそうになったり、早く家を建てたいあまりさっさと先へ進めたい!と焦ることも。それ、この先の数十年後悔ばかりになる可能性ありです。

コンハズ

まぁ良さそうだしここにするか!と安易に決めずに、まずは冷静になって必ず複数社から見積もりをもらうようにしましょうね。

複数社の相見積もりって一社ずつ見学に行かないともらえないの?

一社ずつ見学に行ければベストですが、なかなか大変ですよね。実は相見積もりもオンライン資料請求から一括で貰うことができます。

希望条件を細かく選択し、そのデータを元に各ハウスメーカーの設計担当者さんがあなたの希望にぴったりの間取りプランと見積もり書を作ってくれます。

私はもうハウスメーカーを決めてるから関係ないな…という方も、同じ希望条件で別の視点から間取りプランがもらえるので新たな気づきになるかも。


オンラインでの資料請求は私も実際に利用しましたが、資料が届いたあとも余計な勧誘なし、契約の縛りなし、費用も全くかからずなので気軽に利用できました。


自分でハウスメーカーを探すと、それぞれのハウスメーカーのホームページを調べたり、営業マンに電話をかけたりしないといけないよね。

そうそう。でもオンライン一括資料請求なら、一度の申し込みで複数のハウスメーカーの資料を請求できるんです。だから自分でハウスメーカーを探すよりも、時間も手間もかからない分とってもお得!

家づくりの資料請求
資料請求で届いた一部です



疲れない情報収集の方法として、家づくりのオンライン資料請求は特におすすめです。これから始まる家づくり、なるべく後悔がないように、初期にやっておくべきことをひとつひとつ着実に進めていきましょう!


\家づくり成功の秘訣が覗ける/


後悔回避のポイントや家づくりの流れをもう少し詳しく知りたい方はこの記事も見てみてね!

【PR】

\同じ条件で各社に間取り案を作ってもらった結果…!/

間取りアイディアの無料請求はこちらから

一度に複数のハウスメーカーから間取り案や見積もりがもらえるのは助かるけど、その分電話セールスとか増えてめんどくさそう…

コンハズも実際に申し込みしたけど、自由記入欄に「連絡はすべてメールでお願いします」と書いたら本当にメールだけで完了したよ!


3社の大手ハウスメーカーから資料を請求してみた結果、

①A社・B社は初回メールと資料郵送のみ。(メルマガも来たけど後に解除。)

②C社は希望の詳細を聞きたいとのことでメールで2回ほどやり取りしたよ。

資料だけもらって、その後のしつこい勧誘や営業がなかったからストレスなく使えてよかった!


同じ希望条件で気になるハウスメーカーの間取り案や見積もりをもらって一括で比較できるのが便利。


各社のアイディアを集めたいいとこ取りの間取りプランができて満足のいく注文住宅が建てられます。


\誰もが知ってる大手ハウスメーカーや地元密着の工務店まで/

タウンライフ家づくりハウスメーカー一覧
タウンライフ公式サイトより画像引用


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

一生に一度の家づくりで後悔したくない!

巷にあふれる家づくりの後悔ポイントをぎゅぎゅっとまとめたメディアです。

こだわりの家づくり経験やファイナンシャルプランナーの視点からお役立ち情報をお届けします。

目次