あなたはできてる?家づくりで後悔しないための順序 4STEP

L字型リビングは狭い?後悔しないためのレイアウト術とメリットデメリット

L字リビングで後悔?家づくりの後悔ポイントまとめ
  • URLをコピーしました!

新築やリフォームで間取りを検討する際に、L字型リビングを検討している方も多いのではないでしょうか。

そんなL字型リビングで後悔した人の声が、インターネット上にはたくさん上がっています。

  • リビングが狭くて、家族が集まるのに苦労している
  • ソファの配置を変えたくても、壁や柱にぶつかってできない
  • エアコンの効きが悪くて、夏は暑くて冬は寒い

L字型リビングで後悔しないためには、これらのデメリットを事前に理解しておくことが大事です!

そこで、この記事ではL字型リビングのデメリットと、後悔しないための対策を詳しくご紹介します。


まだ間に合う!?後悔回避のための4つのチェック

目次

L字リビングとは?【後悔しない家づくり】

L字リビングで後悔しない特徴とメリットデメリット

L字リビングとは、リビングの形状がL字になっている間取りのことです。リビングが1本の直線につながっているI字型リビングとは対照的に、L字型リビングは、リビングが2つの部分に分かれているのが特徴です。

リビングの特徴①L字型リビングとは?

L字型リビングは、リビングの形状がL字になっている間取りのことです。リビングが2つの部分に分かれているため、空間にメリハリを付けやすく、さまざまなレイアウトを楽しむことができます。

L字型リビングは何がいいの?

  • 配膳がしやすい

L字型リビングは、キッチンとダイニングが横並びになるため、配膳がしやすいのがメリットです。また、キッチンからダイニングを見渡しやすいため、家族の様子を見ながら料理や食事をすることができます。

  • 空間にメリハリがある

L字型リビングは、リビングが2つの部分に分かれているため、空間にメリハリを付けることができます。例えば、リビングと書斎、リビングとワークスペース、リビングとホームシアターなど、用途に合わせて空間を分けることができます。

  • 複数の方位から光を取り込める

L字型リビングは、リビングの形状がL字になっているため、複数の方位から光を取り込むことができます。そのため、明るく開放的な空間を実現することができます。

リビングの特徴②I字型リビングとは?

I字型リビングとは、リビングの形状が1本の直線になっている間取りのことです。リビングが1つの空間にまとまっているため、広々とした空間を実現しやすいのが特徴です。

L字型リビングの後悔事例

L字リビング後悔ポイント

L字型リビングは、空間にメリハリがあり、配膳がしやすいなどのメリットがある一方で、配置換えや模様替えがしにくい、空調が効きにくいなどのデメリットもあります。そのため、実際に住んでみて後悔するケースも少なくありません。

縦長(I型)リビングよりも狭く感じる

数字の印象よりもリビングが狭く感じる…家族でくつろぐスペースがもう少し広く欲しかったなぁ。

L字型リビングは、リビングの形状がL字になっているため、縦長(I型)リビングよりも狭く感じる場合があります。特に、リビングの長辺が短い場合は、狭く感じる可能性があります。

コンハズ

たとえば20畳程度のリビングでも、2つのエリアに分かれているため部屋の角や曲がりくねった形状により、一部のエリアが狭く感じられることがあります。

空調が効きにくい

L字型リビングは、リビングの形状がL字になっているため、空調が効きにくい場合があります。例えば、リビングの長辺が長い場合は、長辺の奥に空調の風が届きにくく、温度差が生じやすくなります。

テレビが見れない・見えずらい

テレビをリビングの角に置いたけど、家族みんなでテレビを見にくい。

L字型リビングは、リビングが2つの部分に分かれているため、テレビが見えない・見えずらい場合があります。例えば、テレビを置くスペースが狭い場合、家族全員がテレビを見にくい可能性があります。

配置換えや模様替えがしにくい

L字型リビングは、リビングが2つの部分に分かれているため、配置換えや模様替えがしにくい場合があります。例えば、ソファやテレビの位置を大きく変えたい場合、壁や柱の位置に制限される可能性があります。

【後悔しない】L字リビングのメリット・デメリットを詳しく解説

メリットデメリット
リビングダイニングが窓に面していて全体的に明るい
ダイニングとキッチンの動線が良い
家具のレイアウトがしやすい
リビングダイニングが独立した空間なので、それぞれインテリアが楽しめる
狭く見える
家具のレイアウトはしやすいが、置き場所が限定される
キッチンからリビングのテレビや子どもの様子が見えない

L字型リビングのメリット

L字型リビングのメリット
  • リビングダイニングが窓に面していて全体的に明るい
  • ダイニングとキッチンの動線が良い
  • 家具のレイアウトがしやすい
  • リビングダイニングが独立した空間なので、それぞれインテリアが楽しめる


L字型リビングは、L字の頂点部分に対面式キッチン、角にダイニング、横にリビングとなっている場合がほとんどです。リビングにもダイニングにもバルコニーに面しているため、明るく開放感があるのが特徴です。

家族が集まる場所だけに、光を取り込みやすいのは大きなメリットではないでしょうか。

レイアウトの仕方にもよりますが、キッチンとダイニングが一体になっている場合が多いので、食事を運ぶといった家事動線もラクです。

L字型リビングのデメリット

L字型リビングのデメリット
  • 狭く見える
  • 家具のレイアウトはしやすいが、置き場所が限定される
  • キッチンからリビングのテレビや子どもの様子が見えない

リビングとダイニングが分かれているので、実際よりも狭い印象を与えます。

コンハズ

家具のレイアウトが決めやすい反面、マンネリ化しても模様替えしにくいのがデメリット。

そのため、どうしてもキッチンの対角線上にあるリビングにテレビが配置されてしまいます。キッチンで家事をしながらテレビを見たり、子どもが危険なことをしていないかチェックしたりするのは難しい場合も考えられます。

縦長(I型)リビングのメリット・デメリットも紹介

L字型リビングと比較して、一般的なI字型リビングのメリットデメリットもみていきましょう。

I字型リビングの後悔事例ではこんな声も

  • キッチンからダイニングが遠くて、配膳が不便。
  • テレビを置くスペースが狭くて、家族全員がテレビを見にくい。
  • リビングが広すぎて、家族が散らばって過ごす。

縦長(I型)リビングのメリット

I字型リビングのメリット
  • 全体的に広く感じ一体感がある
  • レイアウトの自由度が高い
  • 対面型キッチンの場合、テレビを見ることも子どもを見守ることもできる
  • 壁付けキッチンの場合、リビングダイニングを広く有効活用できる

リビングダイニングがキッチンまで縦長につながっているので一体感があり、その分広く見えるのが最大のメリットです。

対面型キッチンにすれば、テレビを観ながら家事が可能。子どもがリビングで遊んでいても、キッチンやダイニングから見渡せるのもうれしいですね。

縦長(I型)リビングのデメリット

I字型リビングのデメリット
  • 配膳が不便
  • 窓が少ない場合、暗く感じる
  • 部屋の形が単調になりがち

I字型リビングは、リビングダイニングがキッチンと一直線につながっているため、レイアウトが難しいという声もありました。自由度が高い分、配置を考えるのに悩む人もいるようですね。

また、窓が少ない場合、暗く感じることも。部屋の形が単調になりがちなのも、デメリットのひとつといえます。

【後悔しない】L字型リビングのレイアウト

L字型リビングのレイアウト

L字型リビングを使いやすく快適な空間にするためには、以下のようなレイアウトのコツがあります。

L字型リビングのレイアウトのポイント①カラーを統一

カラーを統一する

L字型リビングでは、カラーを統一することで、空間を広く見せることができます。リビングルームとダイニングルームのカラーを統一することで、空間を一体感のある空間にすることができます。また、カラーを統一することで、空間をスッキリと見せることができます。

L字型リビングのレイアウトのポイント②家具の配置に注意

家具の配置に注意する

L字型リビングでは、家具の配置に注意することが大切です。リビングルームの中央にソファを配置することで、広々とした空間を確保することができます。また、ダイニングテーブルを壁に沿って配置することで、広く使えるスペースを確保することができます。

L字型リビングのレイアウトのポイント③壁面収納を活用

壁面収納を活用する

L字型リビングは、壁面に収納を設けることで、広々とした空間を確保できます。壁面収納は、リビングルームの壁面に設置することができ、本棚や収納棚、テレビ台などを設置することができます。


また、壁面収納を設置することで、リビングルームの床面積を広く使うことができます。


L字型リビングにおすすめの家具

L字型リビングのよくある質問【後悔しないしたくないあなたへ】

L字型リビングは、狭く感じるって本当ですか?

はい、L字型リビングは、縦長(I型)リビングよりも狭く感じるという意見があります。その理由は、リビングが2つの部分に分かれているため、空間が分断されて、広々とした印象を与えにくいためです。また、リビングが奥まっているため、窓からの光が入りにくく、暗く感じられることもあります。

L字型リビングは、模様替えや配置換えがしにくいって本当ですか?

はい、L字型リビングは、壁や柱の位置によって、模様替えや配置換えがしにくい場合があります。例えば、ソファやテレビの位置を変えたい場合、壁や柱にぶつかってしまう可能性があるため、あらかじめよく検討する必要があります。

L字型リビングは、空調の効きが悪いって本当ですか?

はい、L字型リビングは、リビングが2つの部分に分かれているため、空調の効きが悪いという意見があります。その理由は、リビングが奥まっているため、空調の風が行き届きにくく、温度差が生じやすいためです。

【きほんのき】家づくりの疑問にお答えします!

新築注文住宅の基本ポイント解説

家づくりって何から始めればいいの?

家づくりの成功の鍵は、予算決めから始まります。


家族で大まかな予算を決めたら、住宅ローンシミュレーションや、無料FP相談を利用するなど適正な金額を第三者のプロの意見を聞きながらしっかり確認しましょう。

コンハズ

どんぶり勘定で決めたり、住宅メーカーに言われるがまま借り入れ額を決めると、この先数十年後悔することになりかねません。

とりあえず住宅展示場に行けばOK?

知識なしの状態でいきなり展示場は避けましょう。まずはオンラインで資料請求がベスト。

ハウスメーカー各社から公平に資料やカタログ・間取り案の無料請求ができる家づくりの一括資料請求サイトが簡単でおすすめ。


必要事項を入力して、気になるハウスメーカーにチェックをつけるだけで複数社の資料が一括で請求できます。余計な営業や対面でのやり取りがないので効率よく建築会社を選べますよ。


なんでいきなり住宅展示場はだめなの?
→その理由は家づくりの後悔回避ポイントを4ステップで解説!から

本当にこのハウスメーカーで決めていいのか不安…

ハウスメーカーを決める前にちょっと冷静に!相見積もりは取りましたか?

絶対ここで建てたい!という強い希望があれば別ですが、複数のメーカーから同条件で相見積もりを取るのは鉄則です!同じ間取り案でもメーカーによりプランや性能は様々。数百万の違いも出てくるかもしれませんよ。


見学に行った先々で聞いた情報が脳内で溢れすぎてパンクしそうになったり、早く家を建てたいあまりさっさと先へ進めたい!と焦ることも。それ、この先の数十年後悔ばかりになる可能性ありです。

コンハズ

まぁ良さそうだしここにするか!と安易に決めずに、まずは冷静になって必ず複数社から見積もりをもらうようにしましょうね。

複数社の相見積もりって一社ずつ見学に行かないともらえないの?

一社ずつ見学に行ければベストですが、なかなか大変ですよね。実は相見積もりもオンライン資料請求から一括で貰うことができます。

希望条件を細かく選択し、そのデータを元に各ハウスメーカーの設計担当者さんがあなたの希望にぴったりの間取りプランと見積もり書を作ってくれます。

私はもうハウスメーカーを決めてるから関係ないな…という方も、同じ希望条件で別の視点から間取りプランがもらえるので新たな気づきになるかも。


オンラインでの資料請求は私も実際に利用しましたが、資料が届いたあとも余計な勧誘なし、契約の縛りなし、費用も全くかからずなので気軽に利用できました。


自分でハウスメーカーを探すと、それぞれのハウスメーカーのホームページを調べたり、営業マンに電話をかけたりしないといけないよね。

そうそう。でもオンライン一括資料請求なら、一度の申し込みで複数のハウスメーカーの資料を請求できるんです。だから自分でハウスメーカーを探すよりも、時間も手間もかからない分とってもお得!

家づくりの資料請求
資料請求で届いた一部です



疲れない情報収集の方法として、家づくりのオンライン資料請求は特におすすめです。これから始まる家づくり、なるべく後悔がないように、初期にやっておくべきことをひとつひとつ着実に進めていきましょう!


\家づくり成功の秘訣が覗ける/


後悔回避のポイントや家づくりの流れをもう少し詳しく知りたい方はこの記事も見てみてね!

リビングの後悔ポイントまとめ記事はこちらから

【PR】

\同じ条件で各社に間取り案を作ってもらった結果…!/

間取りアイディアの無料請求はこちらから

一度に複数のハウスメーカーから間取り案や見積もりがもらえるのは助かるけど、その分電話セールスとか増えてめんどくさそう…

コンハズも実際に申し込みしたけど、自由記入欄に「連絡はすべてメールでお願いします」と書いたら本当にメールだけで完了したよ!


3社の大手ハウスメーカーから資料を請求してみた結果、

①A社・B社は初回メールと資料郵送のみ。(メルマガも来たけど後に解除。)

②C社は希望の詳細を聞きたいとのことでメールで2回ほどやり取りしたよ。

資料だけもらって、その後のしつこい勧誘や営業がなかったからストレスなく使えてよかった!


同じ希望条件で気になるハウスメーカーの間取り案や見積もりをもらって一括で比較できるのが便利。


各社のアイディアを集めたいいとこ取りの間取りプランができて満足のいく注文住宅が建てられます。


\誰もが知ってる大手ハウスメーカーや地元密着の工務店まで/

タウンライフ家づくりハウスメーカー一覧
タウンライフ公式サイトより画像引用


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

一生に一度の家づくりで後悔したくない!

巷にあふれる家づくりの後悔ポイントをぎゅぎゅっとまとめたメディアです。

こだわりの家づくり経験やファイナンシャルプランナーの視点からお役立ち情報をお届けします。

目次